マイクロコントローラ(498)

オーディオ(250)

N32926U1DN

H.264 コーデックとMJPEGコーデックが、主にビデオストリーミングで芸術を構築するために使用され、かつ、ハードウェアAACアクセラレータとサウンドプロセッサが、クラウド、マルチメディアストリーミングアプリケーションに対応するオーディオストリーミングに使用される場合、N32926U1DNは特別に、ビデオ/オーディオストリーミングのパフォーマンスを加速するために設計されています。 埋め込みビデオコーデックエンジンおよびオーディオ圧縮/解凍アクセラレータが、消費電力を節約するために CPU をオフロード中に、パフォーマンスを向上させます。

N32926U1DNは、ARM926EJ-S CPUコア上に構築され、ビデオデコーダ ( H.264 ) 、イーサネットMAC、JPEGコーデック、CMOSセンサーインターフェイス、32 チャネルSPU ( 音声処理部 ) 、 ADC 、DAC、および TV エンコーダと統合され、部品コストを節約しながら、様々な種類のアプリケーションニーズを満たしています。ARM926 @ 240 MHz 、DDR2、H.264 コーデックとAACアクセラレータ、SDIOホストコントローラおよびUSB2.0 HSホスト/デバイスにより、N32926U1DNは、ビデオ/オーディオストリーミングデバイスのための最良の選択になります。

N32926U1DNは、Wi-Fi、ブラウザなどの新興機能のドライバを活用するため、Linux OSの下に移植されています。一方、オープンソースコード環境により、製品開発をより柔軟に行うことができます。 NuvotonのLinuxにおける継続的な最適化により、お客様に費用対効果の高いビデオ/オーディオストリーミングソリューションを提供しています。 また、サードパーティ製USBおよびSDIO Wi-Fiモジュールは、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、または、スマートTVなどのデバイスでのWi-Fiストリーミングアプリケーションにおいて最高に活用できるよう導入されています。

N32926U1DNの最大解像度は、TV出力で、D1 ( 720x480 ) 、そして、TFT液晶パネルで 1024x768 です。 ビデオストリーミング解像度の普及により、H.264 は、高解像度ビデオ用の小さなデータレートを必要とする制限された帯域幅のアプリケーションに最適です。N32926U1DNは、Wi-Fi、イーサネットまたは専有RFが広範囲に使用されているビデオ/オーディオストリーミング市場において、コスト/パフォーマンスの面でうまく設計されています。2.4GHz の独自のアプリケーションに対して、ハードウェアCRC生成器およびチェックエンジン用が、消費電力を節約するためにCPUローディングをオフロードします。 また、スクランブラ、インターリーバ、リードソロモンアウターコーデックおよびコンボリューショナルインナーコーデックエンジンを含むハードウェアチャネルコーディングエンジンは、込み合う 2.4GHz ISM バンド環境におけるより信頼性の高い無線ビデオ/オーディオデータストリーミングのために使用されます。

部品コストを削減しながら、システムの複雑さを軽減するために、N32926U1DNは、特別に、LQFP内に 128 ピン MCP ( マルチチップパッケージ ) を搭載しています。32Mbitx16 DDR2 が、より高い性能を確保し、EMIおよびノイズ結合などのシステム設計作業を最小にするために、MCP内部に積層されています。 合計部品コストを 2 層PCBを採用し、ダンピング抵抗、EMI防止部品を除去し、基板スペースを減らすことによりカットすることができました。